HOME

JR戸塚駅西口徒歩4分(横浜市)

連絡先
045-864-9507(戸塚)
045-864-9508(第2)

1965年 戸塚愛児園の施設内で父母の共同保育として発足。
1981年 横浜市の委託事業として「戸塚学童保育」開所。愛児園施設から将棋センターと共同の施設へ移転。
1989年 学童保育の専用施設に移転。
2004年 現在の場所(戸塚町4117)に移転。
2012年 4月に戸塚学童保育と第二戸塚学童保育に分割。

「ただいま!」と子どもたちがいつも安心して帰ってこられる場所、それが学童保育です。「おかえり!」といつも変らぬ指導員が子どもたちを待っています。私たちは、時には北風のように厳しく、時には太陽のように優しく子どもたちと接しますが、その成長を見守るのが喜びです。大きなランドセルをやっと背負っていた子どもが、私たちと肩を並べる背丈に成長するまで、一緒に笑ったり、悩んだりできるのが学童の魅力です。

安全確認

・指導員が出欠確認をきちんとします
 → いなかったら保護者に連絡(はまっ子にはない対応)
・新1年生の下校時には、子どもたちが慣れるまで、指導員が戸塚小学校まで迎えに行きます
 (2011年度例では1月まで実施。1年生の間は、下校時の「地域班」と同じように「学童班」で学童まで移動。)
・災害発生時は、保護者、小学校学と連携しながら、子どもの安全確保を最優先に適宜対応します
 * 東日本大震災発生時は、ちょうど学童に向かっていた1年生を連れて地域防災拠点(震災時避難場所)である戸塚小まで移動しました。発生時にはまだ小学校にいて学童には来ていなかった子どもも含め、保護者が迎えに来るまで指導員が付き添いました。

開設時間

・19時まで保育可能(はまっ子は18時まで)
・夏休み等長期休業日、運動会等の振替休日は8:30開所 (はまっ子は9:00から)
・土曜日は子どもが1人でも開所
・毎年度4/1から受入開始(但し、日曜日の場合を除く)

もう一つのわが家

・「いかに家庭的な雰囲気の中で過ごせるか」を重視しています
 * 宿題をする時間があります
 * おやつの時間があります
 * 掃除の時間があります
 (はまっ子は「遊びの場」であり、これらはいずれもありません)
・同じ学年同士だけではなく、幅広い年齢の子どもたちが交りあって遊びや勉強をしながら楽しく過ごします
 * おやつや掃除の時間は1~6年までの班行動です
 * 年下からは「~ニイ(兄ぃ)・~ネエ(姉ぇ)」と呼ばれ、高学年になるにつれ「お兄さん・お姉さん」としての自覚が芽生えてきます
・イベント
 * 月1回 指導員付き添いで「100円おやつ買い」
 * 隔月でお誕生会
・夏休みのイベント(2012年度の例)
 * 親子夏合宿(1泊)
 * 火・木曜日は、大阪下プール(7回)、または、戸塚公会堂で映画鑑賞(1回)、人形劇鑑賞(1回)
 * 水曜日は、食事作り(昼ごはん、4回)

その他

・向かいが とつか西口クリニック
 * 先生は戸塚小学校の校医で、戸塚学童の大家さん
・親が保育により多く関わることができます
 * 子どもの成長・発達を見ることができます  (子どもが身近にいる時間は意外と短いもの、中学生にもなれば部活や塾で忙しい。。。)

↑ PAGE TOP